• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Mail
  • RSS

黒髪&くせ毛を活かしたヘアスタイルとは?

ビフォーアフターでその差は歴然!驚きのハウツー企画

2012年09月10日
MoreShare

close

仕事などの事情で髪の色を変えられない、黒髪をおしゃれに見せたいという人は意外と多いはず。今回はそんな声に応えるべく、黒髪を活かすヘアスタイルの選び方をご紹介。またMAYUMIデザイン整形カットでは襟足の生えグセも考慮し、その人にぴったり合うヘアスタイルを作っていきます。

黒髪&生えぐせをいかしたショートボブ

つややかな黒髪を活かすのは、レイヤーボブ!

黒髪は、長すぎるとぼってり重たい印象になりがち。女性らしさを保ちつつ、丸顔など顔の形も補正してくれるのは、少し縦長のレイヤーボブ。MAYUMIデザイン整形カットは、その人の頭の形とヘアスタイルを合わせて美しい卵型シルエットに矯正。日本人の頭に多い絶壁、頬骨の出っ張りもさりげなくカバーしてくれます。

特に襟足が上に向かって生えている人は、短めのショートにすると毛先がピンと立ってしまう可能性が。襟足を長めに残すレイヤーボブがおすすめです。
向かって左側がカット前、右側がカット後。顔が大きく、丸く見えるようなサイドの膨らみが気になります。カット後は自然な丸みで卵型シルエットに。顔もリフトアップして見えます。


必要以上に毛をそがれて、顔が縦長に見えてしまっています。左右のヘアスタイルも非対称。整形カット後はヘアスタイルで頭の形を補正し、きれいな卵型シルエットが実現。

髪の傷みと強いクセが必要以上に際立つ状態。顔も髪でほぼ隠れてしまっており重たい印象に。整形カット後は横から見ても卵型シルエットをキープ。MAYUMI直伝のブローと整形カットのおかげで、クセが落ち着き髪にツヤも出ました。

頭のボリュームとすっきり感、後ろ姿もこれだけ変わる! 黒髪だからこそ、MAYUMIカットの特徴、ツヤ感も2割増でアピール。ブローのおかげでクセも落ち着いて見えます。
 

MoreShare

close

無料新規会員登録
ログイン状態を維持する
About カリス!
ヘアデザイナーMAYUMIのサロンワークを徹底解剖!

Facebook

Page top

Page top