• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Mail
  • RSS

ブローだけでクセ毛にさよなら!サラツヤ髪になる簡単テクニック

プロもアマも必見のブローテクニック

2012年08月30日
MoreShare

close

ブローだけでクセ毛にさよなら!サラツヤ髪になる簡単テクニック ヘアスタイルを作るのはカットだけではありません。乾かし方ひとつで髪のまとまり方やサラサラ感にも差が出るんです。特に“クセ毛かも?”と悩んでいる人は必見! 今回はMAYUMI直伝のブローテクニックをご紹介。

ブローだけでクセ毛にさよなら!サラツヤ髪になる簡単テクニック ①地肌を乾かす
(左:サロンワーク)
手を熊手のように指を立たせて、地肌を乾かしていく。この時はスタイルを作らず、ただ乾かすだけでOK。地肌と毛の中間まで、髪の約80%まで乾かしていく。

(右:自宅で)
ドライヤーを短く持ち、手を熊手のように指を立たせて地肌を乾かしていく。場所によってはドライヤーを左右持ち変えて。この時はスタイルを作らず、ただ乾かすだけでOK。地肌と毛の中間まで、髪の約80%まで乾かしていく。
ブローテクニック ②手ぐしで髪の流れを整える
(左:サロンワーク)
毛の中間から毛先に向かって、手ぐしで髪の流れを整えていく。髪に手を入れ、ドライヤーの風が手に当たることを確認してから、手とドライヤーを一緒に動かすとよい。毛先のほつれで手が引っかかったら、風を当てながら優しく手を入れる。手が引っかからなくなるまで手ぐしで乾かす。

(右:自宅で)
毛の中間から毛先に向かって、手ぐしで髪の流れを整えていく。髪に手を入れ、ドライヤーの風が手に当たることを確認してから、手とドライヤーを一緒に動かすとよい。左側は左手で、右側は右手で、ドライヤーはその都度持ち変える。この時、顔は下を向かずまっすぐ前を見る。毛先のほつれで手が引っかかったら、風を当てながら優しく手を入れる。手が引っかからなくなるまで手ぐしで乾かす。
ブローだけでクセ毛にさよなら!サラツヤ髪になる簡単テクニック ③ドライヤーと手の動きは常にななめ45度で
(左:サロンワーク)
手ぐしは頭を箱に見立てて、両サイド、後ろと面ごとに右上から左下、左上から右下へと、ななめ45度にドライヤーと手を動かす。常に中指に風が当たっていることを確認して。

(右:自宅で)
手ぐしは頭を箱に見立てて、両サイド、後ろと面ごとに右上から左下、左上から右下へと、ななめ45度にドライヤーと手を動かす。手は腕を曲げたり動かしたりせず、ひじを固定して上から下に動かす。常に中指に風が当たっていることを確認して。
ブローテクニック ④毛先は内側に入れながら
(左:サロンワーク)
Cカールを描くように、空中に毛を浮かせて空気を入れるように手ぐしを入れると毛がまとまりやすくなる。毛先は指でつまんで内側に入れるように乾かす。

(右:自宅で)
手ぐしは空中に毛を浮かせて空気を入れるように乾かす。アルファベットの「C」をイメージするとわかりやすい。毛先は指でつまんで内側に入れるように乾かす。ハネが気になるときは、顔の前に流れた毛を手ぐしで後ろに流していく。
ブローテクニック ⑤前髪は流す方向と逆に
(左:サロンワーク)
前髪も手ぐしを入れて乾かすが、流す方向と逆にするとまとまりやすい。ほぼ乾いたら、キューティクルを整えツヤを出すためにデンマンブラシを使ってブローをする。

(右:自宅で)
前髪も手ぐしを入れて乾かすが、流す方向と逆にするとまとまりやすい。ドライヤーと手を必ず一緒に動かすこと。ほぼ乾いたら、キューティクルを整えツヤを出すためにデンマンブラシ(ブローをする時に使用するブラシ)を使ってブローをする。

MoreShare

close

無料新規会員登録
ログイン状態を維持する
About カリス!
ヘアデザイナーMAYUMIのサロンワークを徹底解剖!

Facebook

Page top

Page top