• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Mail
  • RSS

第8回 カリスアカデミー (似合う色合いを探し、髪の毛のサイズを探す)

似合わせのスタイルを提供するには、お客様の髪型を作り上げるまでのプロセスを理論化し、お客様に伝える事が重要です。

2013年12月9日
MoreShare

close

第8回 似合わせの法則

(似合う色合いを探し、髪の毛のサイズを探す)

第8・9・10回 カリスアカデミー

今まで学んできたカット・カラーの知識のもと、お客様の髪型・ファッション・色合いを含め、お客様にあったスタイルの提供をするのが我々の使命と考えております。 今まで学んできた知識を含め、実際にモデルさんにご協力を頂き受講生の皆様と似合わせについて議論をして頂きました。

MAYUMIボブとは、360度どこから見ても丸く綺麗である事が条件です。 その為には、顔の形、頭の骨の形、あごのラインなどチェックするところは沢山存在する中、カウンセリングから引き出すお客様の要望を生かし、お客様が一番似合うスタイルも提案して行きます。 

また、カラーでは色合いで雰囲気も変化しますが、顔回りの色を変える事で表情の見え方も変わって参ります。
スタイルと合わせたカラーバランスで、お客様に合ったスタイルを提供できるかがプロとしての仕事だと思っております。

スタイル写真

カットコース


先ずは、独自のカメラでモデルさんの写真を撮って頂きます。 最後にもう一度写真を撮って頂き、バランス、サイズ、似合うをベースラインを元に写真を見ながら話し合います。

カット後の自分の考えたスタイルを、似合わせの法則のもとどこまで納得いく事が出来るかを確認するには、ベフォー・アフターの写真を撮り確認する事をお勧め致します。

カット コース
モデルさんにお時間を頂き、実践カウンセリングから、カット、仕上げまでして頂きます。 先ずは左右の片方のみ切って頂き、MAYUMI先生に確認して頂きます。 考えているラインと、MAYUMIボブのラインのアドバイスや、一人一人のクセの確認を指摘させて頂き、よりよい形に切って頂いております。

カラー講習

カラーコース


テーマは、リペアメント カラー

ダメージヘアの髪質のお客様がカラーを求められたとき、どの様な提案をするかがポイントになってきます。
カラー剤を塗ってから45分で仕上げなければ、お客様の髪質はよりダメージを受けてしまいます。
いかにダメージを与えずに、ツヤの出るカラーをお客様に提供して行く為の知識と技術を今回の講習で伝えさせて頂きました。

アカデミー講師
美容室ミスエッセンス 代表取締役/ 山本 真由美
シーンコム 代表取締役/ 古根川 一弥

第7回 アカデミー内容にもどる

MoreShare

close

無料新規会員登録
ログイン状態を維持する
About カリス!
ヘアデザイナーMAYUMIのサロンワークを徹底解剖!

Facebook

Page top

Page top