• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Mail
  • RSS

フォトグラファー七海麻子×MAYUMI お客さまから愛され続ける美容師になるためには【前編】

とんでもないサロンができたな、と思っていたらMAYUMIさんの店だった

2012年09月11日
MoreShare

close

対談 七海麻子☓MAYUMI

ーまず、七海さんの今に至るまでを教えてください。

七海:中学生の頃からフォトグラファーに憧れがあり、紆余曲折を経て留学するチャンスがあったのでそこで勉強し、20代後半で美容専門誌の出版社にフォトグラファーとして入社しました。最初はヘアショーの雰囲気に飲まれることもありましたが、“特区”といわれる青山のお店でも売れっ子の美容師さんの撮影をしているうちに、ものすごくおもしろい業界なのかな、と。10年くらい専属カメラマンをして、今はフリーランスで活動しています。見聞を広めるためにヘアだけでなく、ファッション、メイクページやタレントさん等の撮影もしています。


ーMAYUMIさんが七海さんを知ったきっかけは?

MAYUMI:JHA(ジャパン ヘアドレッシング アワーズ)の受賞作品で、惹かれた写真があったんですね。その後、偶然見た本に載っていた写真でも気になるものがあって、それがJHAと同じフォトグラファーだったんです。その時はどちらも七海さんが撮影したとは知らなくて。


ー作風のどんなところにピンと来たんですか?

MAYUMI:うーん、口ではうまく言えない。いろんな色に染まれるというか…。

七海:専属カメラマン時代、サロンさんの特性を生かした写真を撮れって、編集部から言われていたのもあって、自分の色を出すことがあまりなくて。それよりもサロンさんの形にしたいテイストに合わせていきますね。

MAYUMI:実力があるから、いろんなテイストに合わせられるんですよね。でも何か一貫性があるから、七海さんの色は絶対あるんですよ。作品で一番衝撃的だったのが、動物少女のようにデコレートしたモデルの腕の産毛が立っていたこと。写真1枚でも物語を感じられました。

七海:バッファローをテーマにした作品ですね。一般的には修正で消す産毛を、敢えて生かしたことをMAYUMIさんに伝わっていたのはすごく感動しました。ポーズや質感をプロデュースしたのですが、そこに気付いてくれる人は少ないんですよ。

MAYUMI:世界観があるから、フォトグラファーなのにプロデュースができるんですよ。

対談七海麻子☓MAYUMI

ー七海さんはMAYUMIさんのことをご存じでしたか?

七海:カットの上手なとんでもない人がいる、という噂は耳にしていました。カットが上手って業界では一番重要なことで、美容師さんはみんなカットが好き。だけど、うまい人は絞られるんですよ。でもMAYUMIさんは名古屋なのに、テクニックも売上げもすごいって。昨年、MAYUMIさんが青山にお店を出されていたことも聞いていたんです。ある日、246沿いを移動していたら、ものすごいインパクトのある作品を掲げている美容院が突然できていて。その作品を一目見ただけで「カットに自信があって、うまいんだろうな、このサロン」って思ってたんですよ。後日、そこがMAYUMIさんのお店って知って、なるほどね、と。


ーお二人が初めて出会ったのはいつですか?

MAYUMI:去年の冬ですね。作品撮りをお願いしたんです。

七海:その前に名古屋のお店に挨拶に伺ったんです。お店が、まぁ素敵。私の好きな写真集は揃っているし、ドアノブとか壁紙とか、細かい部分も好きなテイストで。しかも青山のお店におじゃました時も、ほしいって思ってたインテリアもあるし。そこでセンスが合うってわかりました。


ー撮影の現場はどうでしたか?

七海:売上げを上げている人は、間違いなくビジュアル作りもうまいんですね。だから不安はなかったし、作品を見ても納得できたし。言葉が悪いですが「カットうめぇ〜、魅せるなぁ〜」って唸りました(笑)。写真という平面のなかで、奥行きを感じさせる作品を仕上げてくれるんですよ。

MAYUMI:美容師は、二次空間と三次空間で闘う職業ですから。三次元であるお客様をカットし、鏡で映した二次元でも美しく見せる。だから3Dの考えは絶対カットに必要です。奥行きは曲線じゃないと出せないんですよ。今はふわふわのヘアが流行っていて、曲線ばかりで表現するから奥行きあるヘアスタイルがないんです。


ー様々な被写体を撮影してきた七海さんとって、美しい人とはどんな人ですか?

七海:自分がアラフォーに差しかかってきて、年を取るのが怖いなあと思っていました。でもある撮影で年輪の皺がありで白髪なのに凄く素敵な女性達と出会って、その方々がとても美しいと感じたんですね。それから怖くなくなりました。色々な経験を重ねたからこそ出せる雰囲気なんでしょうね。やっぱり内面が素敵な人って、見た目にも美しさが現れる。そんな大人な美しい女性になりたいなと思いました。

(後編へつづく)

♥プロフィール

七海麻子

トップヘアアーティストの作品撮影を数多く手がける注目の女性フォトグラファー。
2010年に作品がJHA(ジャパン・ヘア・ドレッシング・アワード)大賞を受賞した他、様々なフォトコンテストでも数々の受賞歴を持つ。 現在、ヘアにとどまらず、ファッション誌や広告、タレント等の撮影をする一方、作品撮影やサロンのクリエイティブディレクターを育成するコンサルタントとしても活動。ヘアショー、コンテストの審査員等を10年務めた経験を生かし、美容師の売り上げアップやモチベーションアップなどを目的としたセミナーで講師として活躍している。

MoreShare

close

無料新規会員登録
ログイン状態を維持する
About カリス!
ヘアデザイナーMAYUMIのサロンワークを徹底解剖!

Facebook

Page top

Page top